今からできる既卒の対策

今から大手2社であれば
来年まで丸っと1年。

この1年の間に
自分には何が出来て
逆に何をしたら内定を掴めるのか

そう考えていると思います。

実際にあなただったら何をしますか?

TOEICが足りなければ
間違いなく確実に650以上は取る必要がある

Webテストで失敗した・・・
と思うなら
取り組む必要がある

けど圧倒的に何が大切かといったら
ご自身の
<人間力・人間的魅力>
ではないだろうか?

 

この<人間力・人間的魅力>の内訳には
色々な要素があると思うが、

例えば
*表現力
*印象
*会話力

などなど。

それらの中で
もっとも悩みが多いのが
『話す内容』ではないだろうか?

そこで一つ振り返ってみて欲しい。

社会人として
【本気で頑張り抜いた経験】
あなたはいくつ持っているだろうか?

何も大きな事柄でなくていい。

社会人1年目なら
同期の中でも1番の結果を出せるように頑張った!

とか、

社会人3年目なら、
今年は本気で後輩が成長するよう
とことん頑張った!

とか。

もしかすると案外、
「あれ?本気で頑張ったのいつだ?」
って人もいるかもしれない。

そうだとすると
面接官に自信を持って話せる話がない状態になる。

特に既卒は仕事がメインになってくるから。

ならば、
今から来年の採用までの間で
一度【本気で頑張り抜く経験】をして欲しい。

小さなことでも構わない。
自分がやりきった!と思うまで、とことん頑張る。

その物事と向き合って、向き合って、
ひたすら考えて・・・

 

その先には
あなたにしか手に入れることのできない
圧倒的なエピソード
があるのではないだろうか?

他の受験者の話を聞いて
「すごいなぁ」
「説得力あるなぁ」
と思った経験があると思う。

でもその人の話って
すごく人並外れた経験とか
誰もが体験できないような話ばかりだろうか?

それよりも、
日常よくある話かもしれないけれど、
それを『その人なりに』頑張った話ではないだろうか?

だとすると
「他者を驚かせるような話をしなきゃ!」
と思うこと自体が違うのでは?

【本当に面接官が聞きたい事】
をしっかりとわかった上で
今の生活の質を上げる行動をする必要があるのではないだろうか?

私生活の質を上げる

仕事の質を上げる

今自分にできる事を見つけ
来年の受験まで本気で取り組んで欲しい。

そこには間違いなく
あなただけの
圧倒的なエピソード
があるから。

 

 

サクセスキャリアエアライン
菊地未夏